魚の目の取り方は?

query_builder 2022/11/01
コラム
35

「魚の目って自分で取れるの?」と疑問に思っているかたも多いようです。
この記事では魚の目の取り方について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼魚の目とは
魚の目とは、足裏や足指の上、足指の間の皮膚が厚く硬くなる症状のこと。
皮膚の内側に向かって芯ができるので、魚の目の芯が神経を圧迫して痛みが生じることが多いです。
魚の目は以下のような原因で起こりやすいです。

・外反母趾がある
・歩き方の癖で足の一部に負担がかかっている
・足に合わない靴やハイヒールを履き続けている

足の同じ部分に刺激が加わり続けることが魚の目の原因です。

▼魚の目の取り方
魚の目は以下のような方法で取り除きます。

・市販薬(自分で可)
・レーザー治療(病院)
・冷凍凝固療法(病院)
・メスによる外科手術(病院)
・角質層を削る(病院、フットケアサロン)

市販薬を使って自分で取ることも可能です。
角質を柔らかくする「サリチル酸」が配合された薬を使うのが一般的です。
2~3日かけて角質を柔らかくした後に取り除きます。
ただし自分で取る場合は、むやみに刺激を与えたりすると悪化する可能性があるので注意しましょう。

▼まとめ
魚の目は「自分で市販薬を使う」「病院で治療する」「フットケアサロンで除去する」といった方法で取れます。


横浜のフットケアサロン「Fuss Krone(フス クローネ)」では魚の目やタコ、巻き爪のケアも行なっております。


痛みが解消されるだけではなく、足元のバランスも整い、多くのお客様に喜ばれておりますので、ぜひお気軽にご相談くださいね。

記事検索

NEW

  • 冷たい足をポカポカにする簡単セルフマッサージ@横浜フットケアサロン

    query_builder 2023/01/26
  • 身体をメンテナンスする方法は?

    query_builder 2023/01/15
  • 巻き爪は放置せずに早めのケアが大切です!@横浜ドイツ式フットケアサロン

    query_builder 2023/01/13
  • 痛い深爪の原因や対処法は?

    query_builder 2023/01/01
  • 下がってしまった基礎代謝をあげるには⁉@横浜ドイツ式フットケアサロン

    query_builder 2022/12/22

CATEGORY

ARCHIVE